現在、橋梁等の社会インフラ施設の老朽化が大きな社会的問題となってきています。特に建設ブームであった昭和35年頃から昭和50年代前半までに建設された構造物の劣化が著しく、このような構造物の補修・補強が急速に要求されるようになってきています。

 

 このような状況の中で、当社は、コンクリート構造物やアスファルト舗装の長寿命化を目指した講演活動や技術指導等のコンサルティングを行うために2010年9月に設立されました。さらに大学在職中に研究開発した技術および現在研究中の技術を世の中に広めていきたいと存じます。これら社会インフラの長寿命化技術により、二酸化炭素排出量を低減し、省資源、省エネルギー、地球温暖化防止に貢献していきます。                  

                                                                                                                                                                                                                                 平成22年9月17日 

 

 

 

代表取締役      米倉 亜州夫   工学博士 

                 広島大学名誉教授  元広島工業大学教授

 

   

代表略歴         平成5年~平成11年     広島大学教授

       平成4年~平成5年    文部省在外研究員(カリフォルニア大学バークレー校)

       平成11年~平成22年  広島工業大学教授

       平成17年        広島大学名誉教授  

          平成22年              株式会社米倉社会インフラ技術研究所設立

 

  

所属団体      土木学会

          日本材料学会

          日本コンクリート工学会

          プレストレストコンクリート協会

          セメント・コンクリート研究会

          RAMS(構造物の維持補修技術研究会)

          PM(多相材料研究会)

           ACI(アメリカコンクリート学会)

  

 

役職             広島県 アセットマネジメント委員会委員

        (過去に、国土交通省中国地方整備局各種委員長及び委員・広島市の各種委員

         構造物の維持補修技術研究会(RAMS)会長

            多相材料(PM)研究会会長

                   広島県コンクリート診断士会会長

 

その他                     土木学会名誉会員

         土木学会フェロー会員 

                                 日本コンクリート工学会終身会員